$shibayu36->blog;

プログラミングの話や自分の考えを色々と書いています。特にperl、emacsや読んだ本の話が多いです。

「強いチームはオフィスを捨てる」を読んだ

強いチームはオフィスを捨てる: 37シグナルズが考える「働き方革命」

強いチームはオフィスを捨てる: 37シグナルズが考える「働き方革命」


最近リモートワークへの知識に興味が湧いてきたので、ひとまず強いチームはオフィスを捨てるを読んだ。元々はリモートワークについての思い込みがあり、そのためリモートワークの難しさのほうに目が行き過ぎていたのだけれど、この本を読んでみて少し中立よりになれたように思う。そういう面で今の時期に読むには非常に良かった。リモートワークの知識だけというより、普通に働いていても参考になる知識も得られた。

リモートワークを始めたいけど何から始めたらいいかについて分からない人には最適な本。ただし良い本であるという一方で、少しリモートワーク礼賛の傾向があるので、そこは一歩引いて読むと良いのかなと思う。とはいえ、ただ褒めているというだけでなくて、きちんとメリットデメリットの説明や落とし穴の説明もされているので、まあそんなに心配はないかなというイメージ。

いつもどおり印象に残った部分をまとめていく。

働き過ぎることを心配

この本の中で印象的だったのは、リモートワークをする際には社員が本当に働くのだろうかを心配するより、働き過ぎないだろうかを心配したほうがいいと書いてあって、非常に興味深かった。おそらく37シグナルズでリモートワークをしていると、何回もこのような状況になって、社員の健康面などで問題が起きたのではないかと思われるし、説得力がある。

確かにリモートワークで行うと、仕事とプライベートの境目がぼんやりするため、やる気がある仕事が割り当てられると、ひたすら仕事に打ち込んでしまいそうな気がする。

37シグナルズでは推奨勤務時間が週に40時間で、それ以上働いても特に褒められない雰囲気にしているっぽい。この章以外にも仕事用のPCとプライベート用のiPadとかで分けたほうがいいとか、仕事とプライベートをうまく切り分けるコツみたいなのがいろいろ書いてあって、なるほどと思った。

島流しにならないために

リモートワークが失敗する典型的なパターンの一例として、一人だけリモートワークさせてみたら数カ月後その人とうまくコミュニケーションが取れず失敗し、リモートワークはだめだという雰囲気になると書いてあった。

リモートワーク確かにまずは一人でとやると失敗しそう。自分自身もSkypeやビデオ会議で一人だけリモートにいる会議に何度も参加したことがあるけど、大体会議の主催をしている側、もしくは人数が多い側が会議の主導権を握ってしまい、もう一方は意見を言いづらいという状況が出来上がる。他にも、この前ハングアウトで会議してみたけど、一人だけハングアウトはうまく行かなくて、全員がハングアウトにしたら少しうまくいったって話を聞いたので、納得感がある。

もしリモートワークを小さく導入するなら、まずはオフィスにいるんだけどリモートにするとか、週に一日だけみんなでリモートにするとか、そういう工夫が必要そう。「小さく」を「人数を少なく」という方向で考えないようにしたい。小さく導入するという話は昔開発フローに新しい仕組みを導入するとき気をつけていること - $shibayu36->blog;というエントリで書いてみたことがあるので参考にどうぞ。

採用にはクイズではなくリアルな質問

なぞなぞで仕事の質は測れない、という章があった。ビル・ゲイツの面接試験―富士山をどう動かしますか?という本が話題になり、謎かけで採用を決めるというブームが昔あったが、そんなことは絶対にないという話が書いてあった。その代わり37シグナルズでは、例えばカスタマーサポートの採用をしたいときは、日々のサポートにやってくる質問のいくつかをピックアップしてメールで送り、メールの返信でそれに対して答えてもらうようだった。他にも一旦2週間とかで契約し、一つプロジェクトを任せてから合否を決めるということを試しているということも書いてあった。

この話はおもしろいと思う。実際に仕事のシミュレーションをするという面で、ただの面接などと比べるとその人の能力をうまく判定できそう。その一方で採用を受ける側のコストが非常に高くなるという面もありそうだが、その辺をどう折り合いをつけているのか少し気になった。

推測としては、リモートワークをうまく行う前提として採用がきちんと出来ているという前提が必要なので、そこは会社側もコストを支払うし、コストを支払ってでも来てくれる人を採用するようにしているのではないかと思う。

この話はリモートという話とは関係なく参考になる話なので、もう少し考えてみたい。

まとめ

トピックごとで参考になる話が多かったので読んでみて正解だった。リモートワーク入門してみるにはこの本を読んでみると良さそう。

この本を読んでみると、リモートワークをする上で暗黙に行われている前提条件がありそうに見えたのが興味深かった。僕の考えた中では、少なくとも「採用がうまく動いていて、会社に合う優秀な人が雇われている」、「リモートワークをする人の文章力が最低限ある」くらいの前提条件がありそうと思ったがよく分からなかった。もし実際にリモートワークをしているところで、この辺に関して知見がある人がいたら教えて欲しいです。

また、新人が入ってきた時の教育をリモートで出来るのかという疑問がわいた。実際に教育が必要な人を雇わないのか、そういう人が入ってきたら最初はオフィスでやるのか、どういう手段を取っているか気になる。

いろいろ興味がわいたので、他にリモートワークに関する本があったら読んでみたい。いまいち見つからなかったので、こういう本を読んでみればというおすすめがあれば教えてください。

強いチームはオフィスを捨てる: 37シグナルズが考える「働き方革命」

強いチームはオフィスを捨てる: 37シグナルズが考える「働き方革命」

見学のときに不動産屋に質問して得た有益情報

良い物件ではなく良い不動産屋を探した - $shibayu36->blog;

先日の物件探しの見学のときに、不動産屋のこと全く知らないし質問チャンスと思っていろいろ聞いたのだけれど、いろいろと内容が面白かったので公開します。ちなみに京都で、かつその不動産屋で、ということなので、一般的ではないかもしれません。

その部屋が隣の音漏れがあるかとか運ですよね

雑談してて、部屋の間取りとか条件とかは情報で得られるけど、壁の音漏れとか、条件に入ってこないところとかもあったりして、そういう部分を含めると引っ越しは運ですよねーって話をしてたら、有益情報を得られた。

  • 正確さは保証できないが、実は壁の音漏れなどの情報を得ることも出来る
  • そういう条件に入ってこない悪い部分があると、住人が管理会社に何度もクレームを送って、対応されないから退去ということが起こる可能性がある
  • なので、退去理由やクレームの量・内容を、その物件の管理会社に質問をすると、少しではあるが情報が得られる

なるほどと思った。もちろんクレームを出さずに即座に退去する人もいるだろうし、正確な情報とは言えないが、このような情報は参考情報として役に立つと思った。こういう風な発想は無かった。

そういう情報聞いた上で現在の住居の退去申請をしたら、管理会社にそれとなく「今の家でなんか不満とかありました?大丈夫です?」のようなことを聞かれて、さらに「なるほどこういう風に情報が回るのか」という気持ちになった。

探す時期はいつが良い?

これも雑談で、実際探す時期によって良い物件が出やすい時期とかそうでない時期とかあると思うんですけど、結局どの時期が一番探しやすいんですか?という話になった。これも有益情報を得られた。どのようにして物件を選びたいかにも依存するようだった。

2~3月は

  • 非常に物件が多く、自分の条件にマッチした物件を探すには適している。
  • ただし3月退去の人が多いため、見学は一切できない。見学をしてから選びたい人には不可。
  • また需要が多いため、値段交渉などは難しい

7~8月は

  • 時期としては悪くない
  • 転勤などである程度部屋が空いている
  • 既に空いていることが多く、見学などできることが多い
  • 大家としても1ヶ月空けておくだけで損なので、値段交渉もしやすい

とのことだった。

確かに今回は見てみたい物件がほとんど見学も出来て良かった。見学してみると微妙な物件とかも多数あって、まあ見学できないと辛そうなのでこの時期で良かったようだ。

値段交渉というのも軽く言ってみたら3000円家賃下がって良かった。

専任媒介っていうのが殆ど見つからなかったけどなぜ?

家賃を8,000円下げて引越せた話 - shota-mのはてなブログ を見ていて、専任媒介良さそうだなー、良さそうなものあったら専任媒介かどうか見てみようと思ってたのだが、実際には探した中には専任媒介が一件も無かった。気になると思って、これも質問してみた。

  • 今は専任媒介だとなかなか部屋を貸し出せない
  • そうすると大家さんは管理会社や不動産屋に、「なんで貸し出せないのか」と詰め寄られる
  • その時、専任だときついですねと提案する
  • 他の業者でも取り扱っても良いということになれば、業者用のネットワークに情報を流す
  • そのためほとんどの物件は専任でなくなる
  • こういったネットワークに情報が流れるので、京都内であればほとんどの物件を紹介できるようになっている

とのこと。

実際に前回のエントリーのブコメでも、業者用ネットワークの話が少し出ていたので、これのことなのかなと思った。今は不動産も露出を増やさないと貸し出せないのかと思った。今はということなので、昔はどういう形態で行われていたのか気になる。もうちょっと質問したらよかった。

和室だと結構安くなってたけどなぜ?

いろいろ探していると、和室が含まれる物件は、大体同じ条件の物件と比べて5000円以上は安いという状態になっていたので、これも質問してみた。

  • まず前提条件として和室は今のトレンドではない
    • 売っている家具なども洋室を前提として作られている
  • そのときに和室を含む物件を持っている大家さんの進む道としては二通り考えられる
    • 和室をリニューアルして、洋室に変え、相応の値段に変えて貸し出す
    • 和室のリニューアルはせずに、家賃を安くしてなんとか貸し出す
  • 大体和室の場合は、維持費も多めにかかるし、家賃も安くなってしまうので、リニューアルしてしまったほうが結果的には安くつく方が多い

おもしろい。つまり安く出されている物件は、リニューアルをせずに家賃を安くして貸し出そうと選択している物件のようだ。逆にリニューアルしたという物件はこちらでは探せないからどのくらいの比率でそういう物件があるのか気になる。

大体一日何件くらい見学するのが良い?

見学する物件、一日にどのくらい見るのがいいのかなと疑問に思ったので聞いた。

  • 大体5件くらいが適してる
  • 男性の方がいろいろ見たいという風になって、10件とか見に行くことがあるけど、大体5件くらいで弱ってきて最後には最初の方の物件の印象がなくなっている
  • 大体これもあれもってなるけど、条件にマッチしていないものはどんどん切って行ってピンポイントで見るのがよい

男性の方が興味本位で見に行くことが多く、そして失敗してるというのが笑った。確かに見学に行くと、大体5件くらいで疲れてきて、もういいかってなってくるので、このくらいが良いのだろうなと思った。


あと全然関係ない情報だったけど、学生で高野くらいに住んでいて、仕事をきっかけにもうちょっと中心に住もうと思い始めた人が一番大変と言ってて面白かった。高野あたりは結構家賃安いので、55000円くらいで烏丸沿線になんかないかとか言い始めて、そんな安くて良いのは存在しないとまずは知ってもらうために見学案内するっていってて面白かった。

烏丸沿線高いけど、その次はどこ?

烏丸沿線で探していたけど、結構高いので、次に探すとしたらどのへんなんですかねって聞いた。これは京都限定情報っぽい。

  • 大体その辺が高いとなってきたときに次に薦めるのが大宮周辺
  • 大宮周辺は物件として色んなバリエーションがあり、かつ交通の便も良い
  • 二条城あたりも交通の便は良いのだけど、バリエーションが少ない

非常に困ったと思った物件

あとこれも雑談で、困った物件?という話を聞いてた。聞いてみると、インターネットは無料って書いてあるのだけど、その内容を聞いてみると1Mしか速度が出ないとか言ってきた時、みたいな話を聞いた。

不動産会社的にはインターネットはまだまだ素人で、条件を聞くのが非常に難しいと言っていた。このへんの業界の人は自分で確認するのが良さそう。

まとめ

いろいろ相談したり見学したりは5時間程度と少なかったけど、結構いろいろな情報を聞けて良かった。不動産屋の生の情報、インターネットになかなか載ってないので、非常に参考になる。

インターネット非常に便利でたくさんの情報を得られるのだけど、ピンポイントで自分の知りたい情報を得るのはなかなか難しい。そういう場合は専門家が出てくる機会を狙って質問しまくるのが良い。インターネットと口頭コミュニケーションをバランスよく使っていきたい。

良い物件ではなく良い不動産屋を探した

いろいろあって今の家から引っ越すことになった。

良い物件どうやって探したらいいか分からなかったので、適当にググって http://nanapi.jp/286/ を実践してみたら、結果的にうまく行ったので経験をメモ。

結論

良い物件を探すのではなく、良い不動産屋を探すという方法にしたところ、僕の性格としては上手く行った

今回の流れ

  • suumoやhomesで住みたい場所の物件を眺める
  • 希望条件をまとめる
  • 不動産屋を選んでメールしまくる
  • 良さげなところを数社に絞って、さらに送られた物件見ながら返信してみる
  • 一番いい感じに返答してくれた雰囲気の店に行って相談

suumoやhomesで住みたい場所の物件を眺める

http://nanapi.jp/286/ とやってることは一緒なので割愛

希望条件をまとめる

http://nanapi.jp/286/ とやってることは一緒なので割愛

不動産屋を選んでメールしまくる

この段階で、希望条件として場所がどこで、値段がいくら位で、必須条件がこれで、オプションでこれがついてたら嬉しいくらいが自分の中で決まるので、これを元に不動産屋にメールしまくった。僕はこの段階では10社くらいにメールを送った。

不動産屋は不動産会社[不動産屋]の検索・口コミや評判なら【HOME'S】とかで周辺の不動産屋を探すことが出来る。あとは見つかった場所の問い合わせメールに送るか、その会社のホームページのお問い合わせフォームから問い合わせできる。


ポイントとしては

  • 電話番号を情報に入れない
  • メールで頼むって書きまくる

というところ。

良い物件を探す前に、まず良い不動産屋を探すというところが目的なので、出来るだけ不動産屋を切りやすくしておく。電話を受けてしまうと、情がわくのでやめた。

良さげなところ数社に絞り返信

メールを送っておくと大体1日くらい立つと全部のところから情報がやってくる。それを全部眺めてみると不思議なことにこの不動産屋いいなと思うところは数社くらいになった。


この不動産屋いいなと思うときに見てたポイントとしては

  • 送った条件にマッチする物件を送ってきているか
  • メールの文章が分かりやすいか

くらいで判断した。

大体物件見てると、

  • 送った条件より家賃が高い物件おすすめしてくる
  • 送った場所とちょっと違うところをおすすめしてくる
  • なんか微妙な物件が多い

みたいなマッチしないものを送ってくるところもあるので、そこはどんどん切る。

メールの文章が分かりやすいかも重要で、結構良かった不動産屋は

  • 条件に合う物件をきちんとリストにしてくれる
  • リストの一軒一軒に、なぜこれをおすすめしたのかというポイントが書いてある
  • その後気になった時はここに問い合わせしてくださいときちんと書かれている

というなことをしてくれていた。


大体数社くらいに絞れたら、次はきちんと物件見て、もうちょっとこういう物件ないすかとかいろいろ返信返す。僕の場合は

  • なんかたまに人呼びたいんで1DKとかでなんかないですか
  • この物件ちょっと気に入ったんですけど、同じような内容でなんかないですか
  • 1DKやっぱり使い方微妙なので、広めの1Kとかでないすか

みたいな感じでいろいろ返信していった。

一番いい感じに返答してくれた雰囲気の店に行って相談

こういうことを繰り返してると、ここなら行って相談してもよいなという不動産屋が決まったので、その店に「直接いきます見学もしてみたいです」っていう連絡をし、訪問することにした。


訪問当日にやったのは

  • 良さげな物件にすぐさま見学に行くのではなくて、ひとまず送ってもらった物件ベースで相談しまくる
  • 直球で一番お勧めなところを聞く
  • 色んな話を総合して見学は5軒くらいに絞る

くらい。

大体メールの段階ではまだこちらの要望を伝えきれてなかったり、あちらのおすすめ度の温度感がつかめなかったりするので、一旦メールでの物件を下地にしていろいろ話を聞いた。それで最終的に見学に行くのだけど、これもあんまり多く見過ぎると印象よくわからなくなるので、5軒くらいにした。このときに決めた5軒は前段階で良いなと思っていたのとはぜんぜん違うものになった。


見学に行っていくつか回ったら気に入ったのがあったので、それで決めた。ちなみに決めた物件は結局一番おすすめはどこですかって聞いて返ってきたところだった。

感想

今回は良い物件を探すのではなく、良い不動産屋を探すという方向に考えを変えることができたのが良かった。

部屋探しは面倒、suumoやhomesで探しててもよく分からない、自分より物件探しのプロの不動産屋の方が物件探しは得意なんだからそこに任せたほうが結果的に良いだろう、なら任せられる人を探そうという感じ。

自分に合う探し方は人それぞれだろうけど、僕は質問するの好きなので、suumoで探すよりこちらのほうが良かった。

pecoを使い始めた

 なんかpercol最近いきなり流行ってるなーと思ってたら、percolのgo版pecoがいつの間にか出てて流行ってた。ターミナル版anything的なpercolをzawの代わりに試してみた - $shibayu36->blog;みたいな感じで、昔からpercol使っててまあいいかと思ってたけど

  • 設定ファイルが分かりやすい
  • brewで簡単に入れることが出来る
  • そこそこ開発されてる

というメリットもありそうなので乗り換えようとしてみている。

https://github.com/peco/peco

pecoのファイル運用

 前と大体同じ感じでやる。基本的にこういうツールは自分でいろいろ作りたくなってきて、設定が増えてきて破滅するので、ファイルを置くディレクトリを決めておいてそこに置いておくことにする。

  • .zshrc : 決めたディレクトリのファイルの全ロードと、キーバインドの設定
  • ~/.zsh/peco-sources/ : peco用の設定ファイルを置いておく用

.zshrc

# setting for peco
for f (~/.zsh/peco-sources/*) source "${f}" # load peco sources
bindkey '^r' peco-select-history
bindkey '^@' peco-cdr

~/.zsh/peco-sources/

$ tree ~/.zsh/peco-sources
~/.zsh/peco-sources
├── cdr.zsh
└── select-history.zsh

あとはこのディレクトリにいろいろ作れば良い。

pecoのキーバインド設定

よく使うコマンドくらいはemacsっぽくしたいので変更。~/.config/peco/config.jsonにひとまず以下のように書いた。

{
    "Keymap": {
        "C-p": "peco.SelectPrevious",
        "C-n": "peco.SelectNext",
        "C-g": "peco.Cancel",
        "C-v": "peco.SelectNextPage"
    }
}

(追記)
C-p, C-nの設定などは要らないようでした。M-vの設定もできるかも?僕はEmacs上ではCmd-vをM-vとして利用していて、これはterminal上では貼り付けになっちゃうので、SelectPreviousPageの設定はしてませんでした。


peco-select-history

 ひとまずよく使うヒストリ検索から。zshキーバインドで使えるように定義し、C-r -> 選択 -> 選択がBUFFERにという風に利用できるようになっている。まあpercolの例のほぼパクリ。

~/.zsh/peco-sources/select-history.zsh

function peco-select-history() {
    local tac
    if which tac > /dev/null; then
        tac="tac"
    else
        tac="tail -r"
    fi
    BUFFER=$(history -n 1 | \
        eval $tac | \
        peco --query "$LBUFFER")
    CURSOR=$#BUFFER
    zle clear-screen
}
zle -N peco-select-history

これだけで便利。これをキーバインドに登録しておく。
.zshrc

bindkey '^r' peco-select-history

peco-cdr

 あとは最近訪れたディレクトリにpecoで行けるようにするやつ。cdr -l使うと便利にできる。

~/.zsh/peco-sources/cdr.zsh

function peco-cdr () {
    local selected_dir=$(cdr -l | awk '{ print $2 }' | peco)
    if [ -n "$selected_dir" ]; then
        BUFFER="cd ${selected_dir}"
        zle accept-line
    fi
    zle clear-screen
}
zle -N peco-cdr

選択結果がなかったら移動せずにおいてくれる。

これもキーバインド登録。
.zshrc

bindkey '^@' peco-cdr

まとめ

peco簡単に入れることができるし便利。

壁登り始めた

 最近新京極辺りにボルダリングジムが出来たので、同僚に誘われて行ってきた。

 ボルダリングは石みたいな出っ張りに番号がたくさんふってあって、同じ番号を登ってくみたいな感じ。握力はかなり使うけど、どちらかというと筋力よりも体の動かし方の方が重要で、けっこうパズルゲーム感覚で登れるのが良い。あと一手というところで失敗したりとかして、挑戦心みたいなのも煽られるのも良い。

 面白いので、今後一週間に1~2回くらい行きそうな気分になった。

 登ってる様子。

ベルギービールウィークエンド大阪に行った

以前京都でビールのイベントあったけど、その時東京にいて行けなかったので、大阪で今週あったベルギービールウィークエンドに行ってきた。

f:id:shiba_yu36:20140607175856j:plain

なんかコイン制になっててコインでビールを交換してた。
f:id:shiba_yu36:20140607183416j:plain

ビールのために並ぶ。
f:id:shiba_yu36:20140607180146j:plain

あんまり席が空いてなかったので、地面に座ってビール飲んでた。
f:id:shiba_yu36:20140607173432j:plain

涼しいけど結構天気が良くてビール日和だった。
f:id:shiba_yu36:20140607182138j:plain

色んな種類のビールがあって最高のイベントだった。もし京都でやってたらやばかった、毎日いってたと思う。

twitter
hatena
rss
Social Icon ブログパーツ